美しい花嫁になるために必要なこと

結婚式で挙式からパーティーまで持ち続けるブーケの印象度は、その持ち方や形で変わります。
ブーケを持つ時間は長く、特に生花のブーケは、持ち手に水分補給をしているため意外と重く、ぐらぐらと揺れがちです。
左手で持ち、手の上部を握り、すぐ下に右手を軽く添えるようにします。
右手の小指は持ち手を握らず、掌の中に折るとブーケが傾くのを防ぐことが可能です。
持つ位置はちょうどおへそのあたりにしてウエストに乗せる感覚で持つと、ドレスの切り替え部分とも重なってシルエットがきれいになります。
肩の力を抜いて軽くひじを曲げ、二の腕を後ろに引くようにすることもポイントです。
そして、ブーケのサイズは花嫁の身長に合わせて決めていきます。
たとえば、下がすぼんだキャスケードタイプは縦に長いデザインですが、長すぎるとバランスが崩れます。
丸いラウンドタイプもウエスト幅より花が出ないようにするのがしっくり収まるコツです。
身長が低い花嫁はなるべく小さなものを持つようにします。